今日は何観よう、何食べよう。

映画と食べ物、時々旅行についてのブログ

【映画】『GOZILLA ゴジラ キングオブモンスターズ』ファンが見たかったものを作り上げたハリウッドに感謝します

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。

 

godzilla-movie.jp

 

 

これまでのハリウッド版ゴジラの変遷

これまでハリウッド版ゴジラはすでに数作品作られています。ハリウッドでのゴジラの変遷を見ておきましょう。

 

第1作:1998年 『GODZILLA

f:id:hiroki0412:20190624232930p:plain

脚本家が当時を大反省 ― 「あれはゴジラじゃない」

出所:THE RIVER

1998年に初めてハリウッドで作られた作品。通称"トカゲ"

これをゴジラというのは無理があった…ジュラシックパークというほうがしっくりくるぐらい。ただ、オンタイム世代の自分は、これはこれですごく気に入ってた作品(ソフビも持ってた)。

なお、こうなってしまった原因はゴジラを知らない監督が作品を主導したことによる模様。

theriver.jp

 

第2作:2014年『GODZILLA ゴジラ

f:id:hiroki0412:20190624233701p:plain

日本版よりごつい

出所:シネマトゥデイ

2014年に製作された『GODZILLA』2019年作品の正式なシリーズ作品。

1998年の作品と同じ名前であることからも何となく察せられるように、トカゲは歴史から抹消されたものと思われる監督等メンバーを変え再スタート。

日本版の細かい設定が反映されたのもこの作品から。

 

第3作:2019年『GODZILLA ゴジラ キングオブモンスターズ』(本作)

f:id:hiroki0412:20190625060706p:plain

本作は、キングギドララドンモスラも登場。よくわかってる

出所:ゴジラボ

本作はハリゴジの3作目(シリーズとしては2作目)。

前作が導入的な位置づけで、敵キャラもオリジナル(ムートー)であったに対し、本作はより日本ゴジラの世界観を受け継いだテイストとして作られています。

やはり、なによりアツいのはハリウッドが"キングギドラ"を描写する機会に恵まれたことでしょう。アニゴジなんてなかったんや

 

本作が素晴らしい理由

本作のすばらしさはどこにあるか?それは

GODZILLAゴジラとして作り上げていること

この一点にあります。

例えば、渡辺謙が演じている芹沢猪四郎博士は、初代ゴジラを倒した芹沢大助博士をオマージュして名付けられています。

f:id:hiroki0412:20190624231644p:plain

渡辺謙演じる芹沢博士は初代ゴジラを倒した博士をオマージュ
出所:ameblo

前述の第1作は、ゴジラ要素が薄すぎて(個人的には好きでしたが)、作品としてはあまり良い出来ではなかったように思います。

その反省からか、それとも監督の趣味か、本作は日本ゴジラのオマージュや設定承継が多々見られます。

一番好きな描写は、オキシジェンデストロイヤーを使用するシーン。やはり、平成ゴジラをビデオテープが擦り切れるまで(死語)見た世代としては非常に刺さるシーンでした。デストロイヤーがもう登場しなさそうなのが残念ですが。

 

オリジナル版リスペクトの数々の描写がグッとくる

本作の良い点は、作品としての完成度だけでなく、オリジナル版をリスペクトした描写やキャラクター、音楽ですね。むかし、ゴジラを見たファンの方々であれば、「懐かしい!」と思わずにはいられない描写が散りばめられています。

例えば、本作でゴジラとともに主要な怪獣として登場するのは、キングギドララドンモスラです。いずれもゴジラシリーズではおなじみの怪獣です。

また、ゴジラといえばこれというべきBGMもしっかり使われています。

http:// https://www.youtube.com/watch?reload=9&v=wr3Ehj3wycY

 

まとめ:次回はメカゴジラを出してほしい

本作の終わりは次回作のにおいをぷんぷんさせる形で幕を閉じます。

というのも、キングギドラの死骸を回収するシーンが描かれるからです(次回はメカキングギドラ???)。

今となっては、国内でゴジラシリーズを積極的に製作することが無くなってしまった(先日のアニゴジは自分の中でなかったことになっています)ので今後のハリゴジには大いに期待しています。最後にキングギドラの残骸を回収するシーンもあったので、もしかするとメカキングギドラメカゴジラのような人間により生み出された怪獣が今後登場するかもしれません!大いに期待。

さて、恒例の独断と偏見による作品評価です。

f:id:hiroki0412:20190624230304p:plain

興行収入予測:32億円

演出とストーリーは正直まあありがちでした。ただ、配役(キャラ的な意味で)と音楽、そして次回作も期待できるという観点で評価しています。

興行収入はもっといきそう。

この予測ですが、興行スタートの段階である程度ヒットが見えている作品とそうでない作品は予測の基準を分けたほうがよさそうな気がしてきました。

何らかの指標(席の埋まり具合とか?)で、利用する予測式を分けてみたほうがよさそうです。
 

 ※:余談

本作シリーズとは全く関係ないですが、ハリゴジ一作目は『ジュラシックパーク』的なパニックサスペンスとしてそれなりに良い出来だと思っています。

 見たことない方はぜひ!

 

【映画】『キングダム』今度こそ実写化成功作品となるか

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください

 

全然更新できていませんでしたが、依然見ていた『キングダム』の感想です。

kingdom-the-movie.jp

原作は人気漫画

原作はヤングジャンプで連載中の人気漫画です。秦の始皇帝が中国統一を果たすまでの話。

 漫画でいうと本作は1~5巻に該当し、政と信が初めて邂逅しのちの覇道を目指す最初の一歩を描く部分です。

時代は紀元前。500年の争乱が続く春秋戦国時代、中国最西の大国「秦」に「信(しん)」と「漂(ひょう)」という名の二人の戦災孤児がいた。二人は、下僕の身分ながら、「天下の大将軍」を夢見て日々修行に明け暮れていた。
やがて、秦国大臣・昌文君に見出され仕官した漂は、ある夜、深手を負った状態で戻って来る。息絶えた漂から託された紙に書いてあった場所に辿り着いた信は、そこで漂と瓜二つの少年を目の当たりにする。その少年こそ秦国第三十一代目大王・政(せい)であった。漂落命の原因となった政に激昂する信だったが、自らに託された漂の思いと自らの夢のため、乱世の天下に身を投じるのだった。

出典:wikipedia

すでに50巻以上出ているので、今後も映画化するなら先は長いですね笑

 

メンバーは超豪華

 本作、主要メンバーが良すぎます(主に顔面が)。

政:吉沢亮

信:山崎賢人

河了貂:橋本環奈

楊端和:長澤まさみ

f:id:hiroki0412:20190526215149p:plain

メンバーが豪華すぎる。

出典:Movie Walker

あまりに美形すぎて、画面上で浮いてる…

 

やはり上記メンバー4人がどうも異質ですが、演技的には、成蟜(本郷奏多)と王騎(大沢たかお)が非常によかったです。 

ほんとにこんな感じ。体格的に小柄に見えますが、演技力ですべてカバーしています。

そして、この作品まで存じ上げませんでしたが坂口拓(左慈)も非常に面白い演技をされています。

www.excite.co.jp

 

まとめ:日本のアクションCGに対する課題感

キングダムに関しては評価はこんな感じ。

f:id:hiroki0412:20190430232513p:plain

興行収入予測:19億円

 なお、興行収入はすでに47億円を突破しているようで、まったく役に立ってないですね…笑

www.sanspo.com

本作は実写化映画という点でも、キングダムの原作比較という点でも、かなりクオリティの高い作品に仕上がっていると思います。しかし、特にCGやVFX面で海外の映画に劣るように思います。

これは技術的な問題か、はたまた予算的な問題か…

cgworld.jp

超人的な動きや怪物などを表現するうえでチープさが見えるとどうしても気になってしまうので、やはりコストをかけられる環境になってほしいです。

 

『ニムロッド』に対する感想

2018年に芥川賞を受賞した『ニムロッド』。

仮想通貨を題材にした小説で純文学賞を受賞するという快挙を成し遂げたわけですが、短い小説の中にさまざまなものが詰め込まれていました。

 

第160回芥川賞受賞 ニムロッド

第160回芥川賞受賞 ニムロッド

 

 

1.あらすじ

あらすじは以下の通り。

仮想通貨採掘を任されたIT企業社員と鬱から回復した同僚、IBで世界を駆け回る彼女の3人の間のコミュニケーション。
IT企業でサーバーメンテナンス業務を担う「僕」(中本哲史=ナカモトサトシ)は、ある日社長から”ビットコインの採掘”を命じられる。
無から有を生み出す仮想通貨採掘を興味深く取り組み始めた一方、同僚の荷室からは不可思議なLINEが送られてくる。彼は鬱で仕事を休業後、現在は名古屋オフィスで復帰している。鬱の原因は定かではないが、僕は彼の執筆活動が原因だと考えていた。そんな彼から最近送られてくるのは、”ダメな”飛行機コレクション"。ネットが出典らしいこのシリーズの目的は不明。ただ、僕の彼女である田久保紀子は、この奇妙なLINEやニムロッドという存在にいたく関心を持つ。紀子は、外資系金融機関でFAとして世界中を飛び回る。そんな才色兼備の彼女には過去の離婚歴と堕胎歴がある。今でも、その記憶から睡眠薬が手放せない。
ある日、僕の"感情を伴わない涙"という不思議な現象を通じて、"不完全な"3人が交錯する。

仮想通貨をテーマとして扱っているあたりに時代性を感じます。

こういった作品が純文学として受賞する時代なんですね。

 

続きを読む

【映画】『翔んで埼玉』がぶっ飛んでいる件

公開と同時に話題となり、大ヒットをかっさらっていった『翔んで埼玉』。

見たまま3週間くらい放置してましたが、ぬるぬる感想を書いていこうと思います。

 

www.tondesaitama.com

 

原作の経緯も狂っている

そもそも、この狂った作品に原作があるというのがまた奇妙な感じがします。

『翔んで埼玉』(とんでさいたま)は、魔夜峰央による日本の漫画作品。『花とゆめ』(白泉社)1982年(昭和57年)冬の別冊および、1983年(昭和58年)春の別冊・夏の別冊に3回に分けて連載された。

2019年に実写映画版が公開。

出所:wikipedia

1982年原作連載ですか…?昭和…???平成も終わろうとしているのに???

一体この空白期間は何なのか…それだけこの関東圏ディスりは危険だということなんでしょうか?そうだとすると、なぜこのタイミングで映画化できたのか?

謎が謎を呼びます。

あと、40年近く前から東京都その周辺の関係は変わってないってことですね。

 

無駄に凝った配役

無駄といっては失礼かもしれませんが、なんかやけにお金がかかった配役になってます。

そこにその人選いる???」という人がまあまあいます。

例えば、ぱるるとか。まあ、埼玉出身だからですかね。

一番謎だったのは、間宮祥太朗成田凌。ほかの作品なら主役~準主役ぐらいの位置を占めるのに、ほんとにそれぞれ数分ずつしか出てない。ストーリーともそこまで関係ないし、なぜこの役を受けたのか謎。

ãç¿ãã§å¼çãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

出所:Amazon

なお↑の主役二人は沖縄出身。関東関係ない。

 

おふざけ映画を取り巻く思想的なもの

 私はあまりにもくだらなさ過ぎて(いい意味で)、全く気にもとめていなかったですが、どうもこの映画に対して差別的表現として批判をしている方もいるようですね。

togetter.com

なかなか想像力がたくましいというか、情緒が豊かというか…。

フィクションだから何をやってもいいというつもりは毛頭ありませんが、この作品で「差別的だからやめろ」というのは、少しでも差別を連想する表現をすべて封じ込めることになるでしょう。

もちろん批判する側にも表現の自由がありますが、あまりに的外れな気がします。

bunshun.jp

 一方で、↑の場合はジョークでもなんでもないことが明白なことが発言で問題となった人物とコラボしたことで議論を呼んでおり、内容以上にマーケティング戦略の失敗というべき事例です。

 

同じような事例で、先日もダウンタウンのネタが炎上していました。

私含めて、一般的な日本人の感覚があまりに鈍感なのか???

SNSのせいでノイジーマイノリティが表面化しているだけなのか???

 

まとめ:関西版も作ってほしい

上記のような批判はありますが、作品としてはかなりクオリティ高いと思います。

この地域disり、西日本出身としては関西版も作ってほしいですね。

とりあえずすべてを見下す京都人と琵琶湖しかない滋賀を出してほしい。

matome.naver.jp

 

※映画評価

今回も映画評価です。

f:id:hiroki0412:20190321232412p:plain

興行収入予測:35億円

音楽はそこまでピンとこなかったですが、演出・ストーリー等最高でした。

あとは関西版が作られることを期待して次回作への期待を高評価にしています。

 

※上映状況

ちなみに、大ヒットで満席が続いているのでこれから見る方は注意です。

theaters.toei.co.jp

【映画】『ファースト・マン』人類初の月面着陸成功者は何を思い、何を見たか?

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。

 

転職後バタバタとし続けていてなかなか映画を見るタイミングがなかったですが、2019年やっと1作目を観ることができました。

今年最初の映画は『ファースト・マン』です。

firstman.jp

アポロ11号がテーマ

本作のテーマは、月面着陸計画でおなじみのアポロ11号です。

主人公は、11号の船長となるニール・アームストロング(ライアン・ゴスリング)。

アームストロングは、アポロ計画への参加を決めるまでは、戦闘機のテスト・パイロットであり、宇宙飛行士ではありませんでした。

パデュー大学卒業後、ニールは新型機の試験飛行を行なうテスト・パイロットになることを決意した。カリフォルニア州エドワーズ空軍基地の国立航空諮問委員会(NACA)の高速飛行本部に志願書を提出したが、あいにくそこには空席がなかったため、志願書はオハイオ州クリーブランドに本部を持つ同空軍基地内のルイス飛行推進研究所に回され、1955年2月からそこで勤務することになった。

出所:wikipedia

彼がなぜ宇宙飛行士を志し、月面に降り立つまでにどのようなことを見聞きしたか、彼に近い視点から描かれます。

 

ラ・ラ・ランド』のコンビ

本作は、『ラ・ラ・ランド』の監督であるデイミアン・チャゼルと主人公をライアン・ゴズリングというコンビで製作されています。

ラ・ラ・ランド』はミュージカル映画であり演出としては非現実的なシーンの連続でしたが、本作はよりドキュメンタリーの要素が強くリアリティが追求されています。

ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞®を獲得した撮影監督のリヌス・サンドグレンと、再びタッグを組んだ若き天才監督が今回挑んだのは、宇宙のシーンはIMAXの65ミリカメラ、人間ドラマに迫るシーンは35ミリと16ミリカメラを自在に使い分け、ニール・アームストロングの視点で撮影すること。それによって、誰もが初めて目にするリアルでダイナミックな映像と、五感を刺激するエキサイティングな臨場感を実現した。

出所:公式HP

こういった点を踏まえると、チームとしては『ラ・ラ・ランド』のメンバーが多く起用されているものの、映画作りのアプローチは真逆の視点から作られているものといえます。

 

まとめ:カメラワークと音楽(効果音)が秀逸

本作は、ぜひ映画館で見てほしい映画です。

というのも、カメラワーク(映像)と音に特徴があり、細かな演出をぜひ大画面かつ音響の良い空間で見ていただきたいからです。

まず、カメラワーク。 

幾度もアームストロングをはじめとした宇宙飛行士たちの目から見た宇宙船内や空の姿が描かれます。息苦しい宇宙服を通した景色や、突如視界が開ける感覚など大画面を通して伝わってきます。

また、冒頭から成層圏の景色が描写されるなど、広大な宇宙の姿が描かれますが、地球と宇宙空間の暗闇が広がる景色はやはり大画面で見るほうが良いです。

 

次に、音楽(効果音)

実のところ、"音楽"はほぼありません。なので、その時々のを観客も一緒に聞くことになります。

個人的には、宇宙船の中で、計器の音がうるさく鳴っていることや無線のやり取り、金属のきしむ音、反対に全くの無音が支配する宇宙空間など実際に宇宙飛行士たちが聞いていたであろう音を聞けたことに非常に興奮しました。

 

さて、↓のエントリの通り、一応今年から映画の評価を画一的につけようと思っています。

www.finance-neko.com

 

f:id:hiroki0412:20190301003156p:plain

予測興行収入:30億円

出所:nekozuki作成

先ほどのまとめの通り、『演出(カメラワーク)』と『音楽(効果音)』が非常に秀逸な作品です。

配役も、アームストロングの妻役がクレア・フォイ*1だったりと面白い配役をしています。次回作は、本作の続編としてはないでしょうが、監督および主役のライアン・ゴズリングに対しての期待感で評価しています。

予測興行収入は、2018年の鑑賞映画評価に対する興行収入との間の回帰式*2で算出しています。

正直、もっとヒットする気がしています*3

 

宇宙好き、メカ好きの方はぜひご覧ください。

 

*1:蜘蛛の巣を払う女』リスベット役

*2:y=2.6105x-25.235

*3:そもそも、現時点の評価基準だと、25点満点=40.0725億円までしか予測できません。40~80億円の大ヒットや80億円超のメガヒットは完全に予測の分布外になっているため予測できない状態です。

Uber Eatsでダメ人間化が加速する

  

f:id:hiroki0412:20190126173849p:plain

  

先日エントリをあげた通り直近で転職したのだが、これに合わせて引っ越しもした結果、ずいぶんと生活環境が変わった。

www.finance-neko.com

 

前の家も特段不満はなかったものの、最終的に引っ越しの決め手となったのは通勤経路の変更に伴い、えげつない満員電車に乗ることを余儀なくされたからだ。朝一番から息が詰まるような電車に乗り、場合によっては深夜まで働くこともあったのでさすがにちょっと耐えられなくなった。その結果、急遽引っ越しを敢行したのです。

 

引っ越しによって会社への通勤は非常に楽になったものの、今度はあまりに都会に引っ越しすぎて生活インフラが乏しく苦労している。というのも、引っ越し先を告げると「え?そんなエリアに家あるの?」と聞かれるところなので、スーパーなんかの日用品を買う場所が極端に少ない。

もともと出不精なnekozukiはわざわざ食事に出るのさえ、それなりの距離を歩かねばならず、すでに面倒になっている。

やっと本題だが、そのような状況からかねてから気になっていたUber Eatsを利用し始めた。結論としてはマジで最強なのだが、めんどくさがり界隈にぜひおすすめしたい。

 

 

Uber Eatsとは

www.ubereats.com

Uber Eatsは、言わずと知れたライドシェアサービスを展開するUberが提供するサービス。いわば、「配達要員シェア」的なサービスで、配達員登録している人たちが、いろいろな飲食店から料理をデリバリーしてくれる。

 

何が良いのか?

実際、注文者からすると、やってることは飲食店のネット注文と結果はそれほど変わりませんが、圧倒的にUber Eatsのほうがいい。

個人的に、刺さった点は、

  • 店舗では配達していないお店もUber Eats経由だと取り寄せられる
  • 一度決済設定してしまえばボタン1つで注文可能

ライドシェアのほうはタクシー業界からの反発で全然普及していませんが、早く導入されてほしい…

 

手数料を払う価値があるか?

Uber Eatsを利用する際には、配達手数料を取られる。特に、Uber Eatsの特徴は、近隣に配達員が少ないと、この手数料率が上がるということ。ユーザーからすると損をすることになるのだが、このシステムにより常に配達員に参加するインセンティブを与えている。実際、それなりの手数料率になってしまうが、はたして手数料を払うほどの価値があるか?

個人的な感想としては、上述のメリットを考えると、手数料を払う意義は大いにある。

料率が少々高くなったとしても、実際金額が大したことはないので別に絶対額は気にならない。なにより、自分で検索しながら歩いて探すよりも多くの選択肢を試すことができるため、食事の幅が広がる。

 

めんどくさがりの一人暮らしの方にはぜひおすすめしたい。

若手の転職とキャリアに関する実感

            f:id:hiroki0412:20190112171117p:plain

昨年は少し環境変化があり2019年に入ってやっと落ち着いてきました。

特に大きかったのは、色々と考え続けていた転職についに踏み切ったこと。

過去のエントリのようにかなり早い段階から転職という選択肢は考えてはいたものの結局実行には至らず2年以上働いていた。

www.finance-neko.com

 

www.finance-neko.com

 

2018年になって転職を思い立った理由はいろいろあるが、今回転職してみての実感や若手転職した人間として今後どのようなキャリアを設計していくことができるか?(設計していくべきか?)について、自分なりに整理してみたい。

 

転職のための転職は避けるべき

自分も社会人になってすぐに転職については考えていたものの、結局エントリの通り約2年程度逡巡したうえで転職することに決めた。

転職を考えるにあたっては、「なぜ転職するのか?」を都度再考したほうが良い。例えば、「人間関係がいやだから」だとか「今の仕事がいやだから」という、現状を変えられれば何でもいいから転職するという考えは再度後悔することになりかねない。

転職では、主にエージェントや社員との面接で候補先の情報を入手することになるが、やはり新卒の就職活動と比べ企業側からなど、情報開示の量が異なる。現在の会社の状況を変えるということは1つの理由としてあってもよいが、メインの理由とすべきではない。

本当に、転職でなければいけないのか?社内でもその目標は達成できるのではないか?目標にむけてどんな努力をしてきているか?

仮に、転職後予想外のことがあっても、しっかりと考え抜いていれば我慢もできるし「こんなはずではなかった」と思わない。

 

社会人3年の壁はある

よく「1つの会社で3年は仕事をすべき」という意見を聞く。

この点については、少なくとも「社会人として3年間を経過してから転職すべき」という点で同意する。上のエントリのように、当初社会人3年未満において転職活動を行ってみたところ、それでも評価を得られる面もあったが、それ以上に「最初の会社を3年経たずに辞めるのならば、この会社でもそうでは?」という印象を毎回持たれた。これは、どれだけ自分の転職理由(ネガティブな理由ではない)を言葉を尽くして説明してもその印象を持って話が進むとあまり良い結果にはならない。

対して、社会人として3年を経過してからの転職活動は、専門職の募集でも一定の未経験採用があるだけでなく、新卒採用を行っていないような会社・業務も見えてくる。そういった選択肢を考えるためにも、社会人として3年間は同じ会社にいるほうがよい。また、その後の経験者としての採用もやはり3年程度の実務経験が必要であることが一般的であるため、やはりこの言葉には一定の意義がある。

ただし、あまりにもひどい人間関係だったり、自分にはどうしても合わない仕事からしばらく異動できそうにないなら、さっさと次の会社に移るほうがいいと思う。

しょせんは仕事に過ぎない。

 

転職もマーケット

ただし、転職市場もマーケットなのでここまでまとめたような準備をしているうちに、そもそも会社側の採用意欲が減退してしまう可能性もある。その点では、「転職できるうちに転職しろ」というのも一定程度正しい。

 今は、景気も上向きでなにより若年層を中心に人手不足が進行していく環境にあるため、大きな流れとしては、企業の転職者採用はさらに活発になっていくと思われる。

こういった、具体的な状況はやはりプロに聞くほうが良いため、転職活動を本格化する少し前からエージェントとの相談は始めることを勧める。

 

転職は悪か?

最後に、やはり大企業信仰・終身雇用信仰の根強い日本ではまだまだ転職はよく観られないこともある。特に、上の年齢層の人ほど無責任なアドバイスで若手の転職を止めようとしてくる。また、自分は田舎出身だが、一定規模の会社を辞めるということに対して疑問を呈されることも多かった。

個人的には、すでに書いたように転職を目的にすべきとは思わないが、転職でしか達成できない目標もやはりあると思う。周囲の人に意見を求めることは自身の考えを客観視するために有意義である反面、全く立場の違う人間の感覚から発せられる意見に振り回される可能性も高まる。

 

転職の善悪は一般化できない。納得できる意味をよく考えて行動すべきだ。

 

ビジネスエリートへのキャリア戦略

ビジネスエリートへのキャリア戦略